シークワーサーの選び方と保存方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

用途に合わせた選び方

シークワーサーの選び方
シークワーサーは収穫時期によって酸味や甘味のバランスが違い、それによって用途も変わるので選び方も違いがあります。

刺身や揚げ物に添える場合は7月~10月頃の青い実を使います。

特に皮の色が濃い青緑の光沢、ハリがある実を選びます。

青切りと言われるこの頃は酸味も強く苦味も香りも強いため料理の合わせ調味料や絞り汁を直接かける脂物の料理にも良いです。

お酢の代わりに使うこともできて酢の物などにも良く合います。

またシークワーサー酒を作る時期はこの頃のを使うと香りもしっかりと付き合い酸味も爽やかに良いです。

10月~12月頃のシークワーサーは酸味が柔らかくなり甘味も増してきます。

この頃の実は絞り汁で作るジュース用に良いです。原液ジュースとして市場に出ているのもこの時期の実を使う事が多い様です。

12月~2月は完熟になってきてみかんの様に黄色く手でも剥きやすい柔らかさになり生食としてそのまま食べるのに丁度良い時期で出荷されます。

甘味も強くなるのでジャムなどもこの時期の物が美味しいです。
酸味が強い方がお好みの方は10月頃のが良いかと思います。

お店で選ぶ時は光沢があり張りのあるみを選び持った時に軽い物は収穫してから時間が経っており水分が抜けて果肉がスカスカの可能性があり注意が必要です。

シークワーサーの保存方法

生のシークワーサーは湿気の少ないところで涼しいと2週間程もちますが、夏の暑い湿度の高い時期は乾燥させない様に新聞紙に包み保存用のビニールの袋に入れ冷蔵庫で保管しましょう。

熟成してきたシークワーサーはみかんと同じように甘味が増して痛みやすくなります。

長期で保存する場合は果実の皮を剥かずにそのまま冷凍し保存袋にいれておけば半年ぐらいもちます。使う時は自然解凍しいただきます。

また、果汁を絞り製氷皿にいれて冷凍すれば1年は持ちますし一欠片ずつお料理にも使いやすく便利です。

シークワーサー酒の保存はアルコール35%度数以上なら2年ぐらいは保存が効きますし熟成してくるとまた美味しいです。

ジャムなら火を通してあるので冷蔵庫保存で3ヶ月程もちます。

また、シークワーサーの蜂蜜漬けは火を通して無いですし生物ですし水分が出て薄まるので冷蔵庫保存で1週間ぐらいで濁ってきたら止めた方が良いです。

長期保存したい時は使いやすく小分けにして冷凍保存することがおすすめです。

美味しく頂くには旬な時期に使い切りやすい量で作り1週間ぐらいで使い切る事が新鮮な香りも楽しめます。

季節や用途に合わせてシークワーサーを美味しく楽しみましょう。

シークワーサージュースの購入はこちら↓

シークワーサー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。