シークワーサーで効果的ダイエット!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シークワーサージュースでダイエット

シークワーサーに多く含まれているノビレチンは脂肪燃焼効果もあります。

ダイエット中でも手軽に簡単に取り入れつことができ燃焼効率を上げるのにも役立つと言われています。

他の柑橘系果実に比べて果糖も少なく低カロリーであり代謝の活性化や美容効果のあるビタミンも多く含まれていてダイエット効果もより効率良く効果が高いと注目されています。

また、シークワーサーの原液が商品化されておりますので一年中ジュースや食事にも取り入れることも容易です。

ただ原液も酸味が強い青きりの時期のものが使用されているので入れ過ぎに注意する必要があります。

生のシークワーサーを絞って揚げ物や肉料理にかけたり取り完熟時期の黄色生食用のシークワーサーは甘味もあり摂取しやすいです。

摂取の方法もシークワーサーは多様性があり長期的に持続させるダイエットにはバリエーションも作れ飽きずに続けやすいです。

シークワーサージュース

シークワーサー水

原液シークワーサーは市販で安く種類も沢山出ています。毎日飲むならシークワーサー水がオススメです。

飲み方:市販の原液や絞り汁適量に水で割る

甘味料を入れずに薄めで作ると運動後の水分補給としても飲みやすくカロリーも抑えることができます。

ホットシークワーサー

冬の寒い時期はホットシークワーサーがオススメで体も温まり免疫力低下しがちな季節に効果的です。

飲み方:適量のシークワーサーをお湯で割り蜂蜜やお好みの甘味料を入れる。

酸味が強いため飲みにくい方はお好みで好きなジュースなどをその中に少し入れても良いです。

野菜ジュースや柑橘系ジュースだと味にあまり変化無く取り入れることができます。

また桃のジュースやぶどうジュースでも甘さが強い物も適量入れることでさっぱりと飲めます。

口当たりが良くなるため、ジュース自体の糖分には注意して飲み過ぎないようにしましょう。

ホットシークワーサー

シークワーサースムージーは休みの日の朝など朝ごはんの代わりにバナナ、リンゴと残り物の野菜にんじんやキュウリなどにミルクやヨーグルトと合わせてミキサーで撹拌すれば手軽に食物繊維も取れてダイエット中の朝に最適です。

味を整えるのに甘味料を入れ過ぎがちになりますので注意してください。

ただシークワーサーの青きりの時期は特にクエン酸が多くクエン酸は糖分の燃焼効率が高いのでその分甘味料の取りすぎはあまり気にしなくてもよいでしょう。

どのダイエットも適度な運動とバランスの取れた栄養摂取は重要で併用しながらシークワーサーを取り入れ、無理せずに継続していく事がダイエット効果を高めることになるでしょう。

シークワーサージュースの購入はこちら↓

シークワーサー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。